2021.1.20 伊賀市の新大仏寺を訪ねる

さるびの温泉の近くにあるが、一度も訪ねたことがなかった新大仏寺を訪ねた。真言宗智山派の寺院で、800年以上の歴史があるという。ホームページで詳細が紹介されている。東大寺の別所とか伊賀の成田山ともいわれている。祈願や水子供養など、真宗とは縁が遠いように思った。

2021.1.18 お年玉切手シート11枚当たる

2021年お年玉くじ付き年賀はがきの当選番号発表が昨日あり、今年は3等の切手シト11枚が当たった。確率からみても妥当な数字か。

午後、伊賀市のさるびの温泉にでかけた。ウォーキングをしてから入浴しようと思い歩き出したが、思いのほか長距離を歩いてしまい、疲れたので入浴を中止して帰宅した。写真はウォーキングした伊賀市の子延集落。中央山裾あたりがさるびの温泉。

2021.1.16 御正忌報恩講円成

本山(西本願寺)の御正忌報恩講が16日満座を迎えた。最後に執行長である武田昭英師が挨拶された。今年の御正忌は異例続きで参拝者を入れず、インターネット中継のみで全国の門信徒に配信された。来年は団体参拝が復活して、みんなでお参りしたいものだ。(執行長の武田氏は元全国布教同志会の会長で、私も一時本部役員として大変お世話になった。写真はネット配信を撮影したもの)

2021.1.14 「道の駅草津」で買い物

寒波が遠のき、日中少し温かくなったので、草津の道の駅を訪ねてみた。瀬田シジミが販売されていたらと期待して行ったが、加熱処理されたものしかなかったのは残念。道の駅だがちょっとしたスーパーのような感じだった。

2021.1.10 お七夜を勤める

本山の御正忌報恩講の期間に、嚴浄寺では一座だけ勤めている「お七夜」の行事を開催した。例年は法話の後に善哉の接待を行っていたが、今年はコロナ対策でお餅と善哉の元を持ち帰ってもらった。(写真は西本願寺の御正忌報恩講の様子。コロナ対策で参拝者を制限している)

2021.1.9 信徒さんから手作りプリンをいただく

20年ほど前から仏壇店の紹介でお参りするようになった信徒のKさん。年に3回程度お参りさせていただいているが、洋菓子の手作りに挑戦されており「今回はプリンを作ったのでどうぞ」と頂戴した。当方は糖尿病の数値が上がり気味だが、これは有難く頂戴した。アップルパイやチーズケーキにも挑戦したいと、意欲たっぷりに話しておられた。

2021.1.7 野洲市の西遊寺様で報恩講の布教を行う

1月6日午後2時、夜7時半、7日朝8時、10時のお勤めに続いて各一席の法話を行った。西遊寺様の報恩講は3度目の出講だった。

2021.1.5 コロナ禍のさ中、覚悟して東京に出張

コロナ禍で緊急事態宣言直前の東京に出張した。日本人であれば必ず参拝すべき場所であるとの思いから、先ず靖国神社に参拝した。遊就館も見て回り、戦争の歴史を少しは学ぶことができたと思う。 午後は、坊守が出演する舞踊会「第十一回寛和会」のため国立劇場に足を運ぶ。楽屋で準備する坊守のスナップ写真撮影の後、本番の舞台は客席で鑑賞した。マスクとフェイスシールド両方を着用し、感染防止に努めた。明日の法務のため、舞台が終わるとすぐに帰郷した。坊守の写真は後日、坊守の頁に掲載する予定。