2020.1.18 暖冬が続く

午前中、ご門徒の家で年回法要を勤める。

午後、重点プロジェクトで取り組んでいる「子どもの貧困対策」で集めた文房具やタオルなどの物品を甲賀祖組長事務所に届ける。庫裏の玄関では、葉牡丹の寄せ植えが傘立てを占領している。傘立てには、しばらく我慢してもらおう。

2020.1.14 琵琶湖畔のなぎさ公園へ菜の花見物に行く

守山市の琵琶湖畔にあるなぎさ公園で菜の花が咲いている。午前中だともっと晴れてよかったのだが・・・。琵琶湖を挟んで対岸の比良山系も今年は雪がない。このまま雪が降らないで終わることはないとは思うが、それにしても暖冬である。

2020.1.11 甲賀組で御正忌報恩講に団体参拝

本山(西本願寺)で9日逮夜から16日満日中まで勤められる御正忌報恩講に、甲賀組で団体参拝した。朝は氷点下の冷え込みだったが、日中は晴天で風もなく、お参りには絶好の日よりだった。

御堂法話は備後教区(広島)の栗原一乗師。「身は食で、心はみ法で生かされる」「自分で自分を見捨てても、決して見捨てることがない方がいる。それをアミダという」など、味わいのある言葉を紹介され、分かり易い法話だった。

勤行は、「宗祖讃仰作法」。750回大遠忌の際に勤めた記憶があるが、日頃用いることがないので、一緒に勤めるのが難しかった。法要終了後、恒例により「緑風荘」で甲賀組門徒総代会主催の新年会を行う。

2020.1.10 民生委員の研修会に出席

甲賀市内の全ての民生委員児童委員を対象に、碧水ホールで研修会があった。市職員が入れ替わり立ち代り、約3時間、説明を聞きっぱなしだった。

 

2020.1.7 三雲セレマホールで葬儀

初めての方より依頼を受けて、三雲セレマホールで葬儀。火葬後の還骨勤行と繰上初七日も同じホール内の一室で執り行った。今回のご縁から、新たな念仏者が生まれることを期待したい。

2020.1.4 鏡餅をカットする

本堂の阿弥陀さまの前にお供えしてあった鏡餅。2段重ねでもち米2升分の大きさ。毎年1月4日に小さく切り分けて、いただくことにしている。包丁ではとても切れないので、近所にご門徒から餅切り機を借りてきた。

2020.1.1 元旦会を勤める

午前10時から、本堂で元旦会を勤める。正信偈・和讃をお勤めした後、法話。参拝者は10人だったが、ここ数年では最も多かった。

元旦会を終えた午後からは孫の希望で、東近江市の「こども交通公園」に行く。一人で運転できる乗り物などで遊ばせた後は「至福の湯」で入浴して帰宅。長男と孫は明日、東京に帰る予定。