令和元年度の報恩講を勤める

10月26日・27日で嚴浄寺の報恩講を勤めた。講師の先生は、兵庫県宍粟市から黒田真隆師が来てくださった。

令和元年度報恩講は10月26日、27日

令和元年度の報恩講は、10月26日(土)午後7時半~、27日(日)午前9時~、午前10時半~の3座、勤行と法話があります。今年の講師は、兵庫教区宍粟組安楽寺住職で本願寺派布教使の黒田真隆師です。住職と同じ全国布教同志会の会員で、年令も住職と同じ昭和24年生まれです。

2019.7.25 「聞法の集い」開催

令和元年7月23日嚴浄寺で「聞法の集い」を開催。布教使課程Aコースは伝道院で百日間の合宿で布教使を養成している。その受講生が布教現場を体験するのが目的で開いた法話会。今年は安芸教区・明円寺住職の竹田嘉円師が引率講師で、受講生は東北教区・称覚寺の桐原智さん、東海教区・西光寺の芝田朋之さん、安芸教区・西光寺の藤瀬暢亮さんの3人が来寺した。3人の受講生は初々しく、講師の先生はベテランらしく法話してくださった。お聴聞は26人だった。

2019(令和元)年7月23日、法話会があります

2019.3.10 平成31年度の永代経法要を勤修

ご講師は東近江市の教勝寺・藤田朋之師。全国布教同志会の会員で、勢いのある若手布教使の一人である。

2018.10.27/28 嚴浄寺報恩講を勤める

満日中の法要は、「宗祖讃仰作法・音楽法要」を勤める。

ご講師は、大阪教区中島組萬福寺住職の寺本正尚師。住職と同じ全国布教同志会の会員で、現在『御堂さん』の編集委員をされている。終始笑顔で、仏教を分かり易く説いてくださった。

ご講師の話に聞き入るご門徒の皆さん。

2018.7.25 伝道院の布教実習を兼ねて「聞法の集い」を開催

布教実習生の一番に登場したのは、広島の龍花了相さん。お父さんは全国布教同志会の前の本部長だった。聞けば、当時から父親に代わって本部長の事務作業をやっていたという。そうだったのか、と納得。

午前の指導講師は、滋賀の三宮亨信さん。分かり易く、笑顔を絶やさず、学ばせてもらった。

午後の指導講師は兵庫の水杉悟史さん。さすがに伝道院の専任講師だけあって、学ぶべき点が多かった。

2018年7月25日「聞法の集い」開催

宗派の布教使養成コースの布教実習に協力する形で、今年から7月に「聞法の集い」を開催することになりました。当日は午前、午後二組の布教実習を受け入れます。布教実習と言っても、仏法を聞く立場からすれば、通常の法座と何ら変わりありません。

昼食休憩の時間には、嚴浄寺の坊守・坂東寛遊兎の舞踊DVDを上映します。誰でも参加できます。但し、昼食の準備の都合がありますので、7月18日までに、嚴浄寺まで電話でお申し込みください。

平成30年の主要行事

元旦会とお七夜

元旦会は1月1日午前10時より、正信偈のおつとめに続いて法話(住職)を行いました。

お七夜は1月14日午後7時半より、正信偈のおつとめに続いて法話(住職)を行いました。法話の後、今年も仏教婦人会の皆さんが善哉を作ってくれました。とても美味しかったです。

2018(平成30)年の永代経法要

3月11日(日)、快晴の好天に恵まれ、永代経法要を勤修。ご講師は昨年と同じ井上博雄師をお迎えしました。軽妙な語り口で、お念仏の教えを分かり易く説いてくださいました。

2018(平成30)年の報恩講

平成30年10月27日(土)~28日(日)嚴浄寺の報恩講をおつとめします。ご講師は大阪市の萬福寺住職寺本正尚師です。寺本先生は『御堂さん』の編集委員をされています。先日、現代の名工の取材で、嚴浄寺の門徒総代・神田泰男さん(神田たたみ店)を取材されました。

平成29年の主要行事

元旦会とお七夜

1月1日午前10時より、勤行と法話をしました。

1月15日午後7時半より、お七夜の勤行と法話を行いました。


永代経法要

平成29年3月12日(日)午前9時より永代経法要を勤修しました。2座2席、勤行と法話を行ない、ご講師は栗太組正圓寺住職の井上博雄師でした。


報恩講法要

平成29年度の報恩講は、10月28日(土)午後7時半より、翌29日(日)午前中まで3座3席の勤行と法話を行いました。今年のご講師は、首都圏開教専従員で埼玉県入間市に布教所超法寺を開所したばかりの末田雅裕師でした。

法話の案内

全国各地の法話予定を紹介するページへ案内します。こちらから